大学の紹介
マンチェスターの街
キャンパスの案内
留学体験記
英語コース
ファンデーションコース
学部課程
Art & Design
Community Studies , Law & Education
MMU Cheshire
Food, Clothing & Hospitality Management
Humanities & Social Sciences
Business School
Science & Engineering
学部コース一覧
大学院
宿泊施設
大学の施設・サービス
授業料と学期日程
入学案内
出願窓口
イベント情報

| 留学をお考えの方へ | 出願する方へ | 教育機関・企業の方へ|

Humanities & Social Sciences 学部


_人文科学・社会科学部では、フルタイム、パートタイム合わせて3600余名の学生が、経済学、経済史、英語、歴史学、語学、(特にフランス語、ドイツ語、イタリア語、スペイン語)、図書館研究を含む情報とコミュニケーション、哲学、政治学、社会政策、社会学、公共政策と行政といった分野を学んでいます。本学部には学部レベルのサーティフィケートからディプロマ、学士、修士、博士にいたるあらゆるレベルを対象としたコースを提供しています。
学部レベルで様々な科目を学べる優等学位を設定しており、成果を収めています。この学位取得を目指して年間220名が入学しています。これに加え、年間40名から100名の規模で各学科から一科目ごとの優等学位も出されており、これも同様に成功を収めています。
大学院では批判理論、国際政治、歴史、マンチェスター地方の歴史、情報とコミュニケーション、政治学、哲学、社会学、女性研究のtaught修士コースがあります。本学部では研究活動が重要な役割を担っており、フェミニズム、人間科学、労働経済、民族学、政治学の分野で高い評価を受けている研究セミナープログラムがあります。

● 学べる分野
アメリカ研究、犯罪学、文化研究、経済学、英語・英文学、ヨーロッパ研究、歴史学、人文科学、情報とコミュニケーション、イスラム・中東研究、語学(フランス語、ドイツ語、イタリア語、スペイン語)、図書館研究、哲学、政治学と行政、社会経済史、社会科学と社会学、女性研究

Economics(経済学)

 本学科は30年間の経験にもとづき、柔軟な学部課程の経済学のプログラムを運営しています。経済学のプログラムは、本質的な分析のスキルや経済史・政治経済学・経済とビジネス環境の理解を提供する1年目の必修科目のユニットを中心に構成されています。これは、学生が個人の関心分野をさらに専門的に勉強するための知的基礎になります。本学科は、経済学、ビジネス経済学、国際経済学の3つのBAを提供しています。1年目の共通の基礎科目から2年目・3年目は専門性を高めていきます。 経済学とビジネス経済学の2つのBScを提供しています。この2つのBScでは、経済学にもっと量的なアプローチを取りたい学生のために専門化されたコースを提供します。BScのプログラムは、2年目と3年目の理論と定量分析のレベルにおいて、BAのプログラムから区別されます。 対照的に、国際経済学のBAプログラムは、2年次は定量分析を行いません。  本学科は、フランスやスペインの大学と協定を結んでいるので、学生は姉妹大学でスペイン語やフランス語を用いて経済学を勉強することができます。

English(英語・英文学)

 本学科は、イギリス文学の専門的な学位を提供しています。学部コースにおける英語・英文学の教育だけではなく、大学院において様々な研究機会を提供しています。英語・英文学のBAはルネサンスの研究からクリエイティヴ・ライティングや映画の分析まで、伝統的な側面と革新的な側面の両方を扱います。大学院では、本学科の講師陣の研究分野を反映させたMAのプログラムが運営されています。MA Critical TheoryとMA English: Literature and Modernityの2つのプログラムは、Salford Universityと共同で運営されており、学生は両大学のスタッフや設備にアクセスすることができます。MMUのWriting School(ライティング・スクール)が運営しているMA Creative Writing は、著名な編集者・詩人・作家などによって教育指導が行われます。また、学生はMPhilやPhDの研究学位のプログラムにも登録することができます。

History and Economic History(歴史学・経済史)

 本学科は、歴史学の学位プログラムと歴史学・社会史・経済史の動向に貢献する学際的な人文科学と社会科学の学位プログラムを提供しています。新しいBSc Geography and Historyのプログラムが、Department of Environment and Geographical Sciencesとの共同運営で開講され、2002年9月に最初の学生が入学しました。
本学科は、豊富な研究や出版の実績があり、古代から20世紀のホロコーストまで、幅広い領域を扱っています。また、本学科はMA/MPhil/PhDの大学院生の研究指導を行うと同時に、学外から著名な歴史家を招いて研究セミナーを開催しています。
 本学科は、The Manchester Region History Review とThe Labour History Reviewの2つの学術誌を発行しています。また、本学科はThe Manchester Centre for Regional and Comparative Historyの拠点となっております。

Information and Communications(情報・コミュニケーション)

Languages(外国語・言語学)

Politics and Philosophy(政治学と哲学)

本学科は、学部レベルではBA Politics(政治学)とBA Public Policy and Administration(公共政策および管理)のプログラムを提供しています。BA Philosophy のプログラムは、The Victorian University of Manchesterとの共同で運営しています。政治学のスタッフは、社会科学の学部プログラムの運営において主要な役割を果たしており、本学科の全てのスタッフは、人文科学および社会科学の学部プログラムの運営に貢献をしています。また、本学科は、ヨーロッパ哲学・政治学・国際政治学のMAプログラムも提供しています。
本学科では、Public Policy and Administrationのプログラムでは、ワークプレースメントを行っているために、公共団体や地方自治体と密接な関係を持っています。

Sociology(社会学)


個人情報の取扱いについてこのサイトについてお問合せイベント情報
Manchester Metropolitan University Japan Office
Copyright(c) 2008 beo All Rights Reserved.