大学の紹介
マンチェスターの街
キャンパスの案内
留学体験記
英語コース
ファンデーションコース
学部課程
大学院
宿泊施設
大学の施設・サービス
授業料と学期日程
入学案内
出願窓口
イベント情報

| 留学をお考えの方へ | 出願する方へ | 教育機関・企業の方へ|

大学の施設・サービス

図書館(Library)
マンチェスター・メトロポリタ大学には7つの図書館(各キャンパスに1つ)があり、総蔵書数は100万冊を超えています。各図書館はそれぞれのキャンパスで専攻できるコースに関連した専門書や専門雑誌、CD-ROM、マルチメディア、ビデオ、オンライン・ネットワークを揃えているので、様々な研究ニーズに対応することができます。図書館にはフレンドリーな専門スタッフがいるので、図書館の使い方がわからない場合、探している文献や情報が見つからない場合はサポートしてくれます。
 
コンピューター(Computing Facilities)
マンチェスター・メトロポリタ大学には現在約3000台のコンピューター(殆どのコンピューターにはワープロ、表計算、データベースのソフトがインストールされています)があり、学生はこれらを教室、各学部、図書館など様々な所で利用することができます。また、殆どのコンピューターはネットワーク化されています。勿論、インターネットにアクセスしたりe-mailを送ったりすることもできます。コンピューターのトラブルやソフトの使い方がわからないなど困った時にはサポートを受けることもできます。
 
学生サポート・サービス(Student Support Services)
勉強面や生活面(健康面も含め)で困った場合、学生サポート・サービスを受けることができます。また個人的な悩みがある場合も秘密厳守のカウンセリングサービスを受けることができます。
 
留学生(International Students)
本学は、海外からの留学生を歓迎しています。留学生はキャンパスに社会的かつ文化的な多様性をもたらしてくれます。本学から入学許可を得ると、直ぐに授業料の詳細が送られて来ますので、留学生は学費の支払いに必要な手続きを行うことができます。Taught Courseの留学生は、週に30時間ぐらい勉強することを期待されていますが、授業や講義の時間数は専攻科目によって異なります。留学生は、応募したコースの授業についていくために、十分な英語力が要求されます。各コースに必要な英語試験のスコアについては下記を参照して下さい。
また、イギリスで6ヶ月以上学ぶフルタイムの留学生は、National Health Service(国民健康保険)を通して無料で医療を受けることができますし、公的な許可がなくても週20時間以内で働くことができます。さらに本学のインターナショナル・オフィスでは、アカデミック・イヤーが始まる前に、留学生に対して3日間のオリエンテーションを行っています。

 
学生組合(The Student's Union)
マンチェスター・メトロポリタ大学には学生組合が運営しているクラブ・サークルが80以上あります。クラブ・サークルの種類はスポーツ系、音楽系、政治系、文化系、学問系など多岐に渡っています。本学の学生は誰でもクラブ・サークルに参加することができます。以下はほんの一例です。アフロ・カリビアン、合気道、アジアン・ソサエティー、バスケット・ボール、カヌー、劇、映画、サッカー、ホッケー、イスラム・ソサエティー、中国・ソサエティー、ユダヤ・ソサエティー、柔術、レズビアン・ゲイ・バイセクシャル、ラグビー、SF、スキー&スノーボード、テニス、アルティメット、バレーボール、ウォーキングなど
 
スポーツ・センター
マンチェスター・メトロポリタ大学の学生はスカッシュ、ヨガ、水泳、フィットネス、フットボール(サッカー)など様々なスポーツやレクリエーションに参加することができます。様々な競技のトーナメント大会やリーグ戦が学部ごとに開催されています。競技を目的に参加することもできますし、勉強の合間の息抜き程度に参加することもできます。設備としてはスポーツ・ホール、スカッシュ・コート、テニス・コート、フィットネス・ルーム、プール、ジム、ウェイト・トレーニング・ルーム、ラグビー場、サッカー場、ホッケー場、ラクロス場、クリケット場などがあります。


個人情報の取扱いについてこのサイトについてお問合せイベント情報
Manchester Metropolitan University Japan Office
Copyright(c) 2008 beo All Rights Reserved.